ヒップホップダンス上達のコツ!

こちらでは、ヒップホップダンス上達のコツをお伝えしています。

ヒップホップ(更年期障害の改善効果やダイエット効果などが期待されています)ダンスのスクールに通い始めた子が、必ず思う事。 それが、「かっこ良く踊れない」です。 でも、そんなの当たり前ですよね。 最初からリズムに乗ってかっこ良く踊れるなら、スクールに通って練習なんてする必要はありません。 誰でも、最初は踊れません。 ただ、練習あるのみ。 つまらないかもしれませんが、最初は基礎の基礎としてリズムをとる練習(最初はできなくても、次第にできるようになっていくものです)を毎日5~10分やってみてください。 頭で理解しようとしないで、音を良く聴きながらリズムをとるのです。 音の中にはエイトカウントが入っていますから、そのカウントを外さないように踊れる事を目指します。 このカウントを外してしまうと、かっこ良く踊る事は出来ませんからね。 初心者の頃は難しいとされるアップダウンのコツは、膝が折れる、伸びる、のリズムをきちんととる事です。 しつこどれだけい、繰り返し練習なさってください。 ダウンとアップのリズムの取り方が体でわかるようになると、どんどんヒップホップダンスが楽しくなりますよ。 もし、自分のリズムのとり方が合っているのか不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)になったら、恥ずかしがらずにスクールのインストラクターの方に見てもらうと良いでしょう。 間違ったカウントの取り方で練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)していても、上達は望めません。 ただしい内容で練習を繰り返す事が大切なんです。 とにかく、常にダンスを楽しみましょう。 実はそれが、上達する為の一番の近道なのかもしれませんよ。

関連サイト
ヒップホップダンス・短期間で上達

以前だったら、ヒップホップの音楽が大好きでヒップホップダンスを習ってみたいと思っても、教えてくれるダンス教室(その学校によって学習環境にはずいぶんと差があるものですよね)を探すのが大変だったものです。 それが、次第にヒップホップダンスが広く知られるようになり、中学でダンスが必修科目になった今では、教室選びに迷ってしまうくらいヒップホップのダンス教室(掃除当番がやたらと面倒だったものです)が数多く存在しています。 その中で、あなたにピッタリ合った教室(その学校によって学習環境にはずいぶんと差があるものですよね)を選ぶ為のポイントとは、一体どんな事でしょう。 まず、その教室はあなたが習いたいと思っているジャンルを教えてくれる教室でしょうか。 ひとくちに「ヒップホップダンス」と言っていますが、実はスタイルは様々で、ブレイキングやポッピング等があります。 その教室のインストラクターがあなたが習いたいダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)を上手く踊れるかどうか確認しておくことが大切ですね。 その為には、体験レッスンが大事ですね。 体験レッスンを受ける事で、インストラクター(イントラと略して呼ねれることもあるそうです)との相性を確かめることができるでしょうし、その教室の雰囲気や生徒さんの年齢層やレベル等もチェックする事が出来ます。 また、教室によって料金の設定方法も異なります。 その他、入会金の有無等もありますので、前もって費用面を確認しておくと安心ですね。 全てにおいて納得し、そのダンス(かっこよく踊れると羨望の的になりますね)教室(掃除当番がやたらと面倒だったものです)に通ってみようと思ったとしても、教室(掃除当番がやたらと面倒だったものです)の場所が遠かったらおのずと足も遠のいてしまうものです。 教室のレッスン内容重視と言っても、出来れば通いやすい場所のダンス教室から探してみる事をオススメします。

この頃、若い方達を中心に人気がある高まっているヒップホップダンスですが、中学校の授業にも取り入れられることが決まったくらいですから、基本的にはどのような人でも簡単にはじめることができるダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)です。 ヒップホップダンスの基本といえば音楽に合わせて踊ることですが、アップ・ダウンのリズムを取りながら基本ステップを組み合わせて踊ります。 ヒップホップの基本ステップ(ダンスをする際の一連の動き方をいいます)は、必要最低限必要なステップ以外にも、よく見られる定番のステップを始めとして多?のステップが存在します。 一番基本的なステップは、サイドステップ・クラブステップ(歩調や足取りをいうこともあります)・チャールストン・ラコステなどで、まず一番最初はそれらの基本ステップ(ダンスをする際の一連の動き方をいいます)を覚えることになります。 基本ステップ(階段の段や踏み板などをステップといいますね)なしに、ただ音楽に合わせて体を動かすだけのダンスとは違うのですね。 もともとはブレイクダンスから始まって、その後、さまざまなダンスの基本ステップ(歩調や足取りをいうこともあります)を取り入れながら進化してきたのがヒップホップ(更年期障害の改善効果やダイエット効果などが期待されています)ダンスです。 そのため、たくさんのステップを組み合わせて踊ることになります。 基本的なステップのみでも充分に踊ることができますが、複雑で難しいステップを多く覚えれば覚えるほど技術が向上するだけでなくダンスの応用が効くようになります。 ですから、まずは少しでも多くの基本ステップを覚えてマスターするところから始めます。 ステップを覚えたら、手の振りなどを加えていけば、更に、華やかなダンスを踊ることができますよ。

このページのトップヘ